WEB診療予約

豊富な経験を活かしご希望に沿った治療を行います

大切なお子様の歯を守るために

CHILD

小児歯科について

小児歯科について
人の歯は一生に一度だけ生え替わります。
乳歯は生え替わるからといっておろそかにしてはいけません。

永久歯に生え替わるまでの重要な役割があります。
あごの発達、顔の輪郭の形成、身体の発育、永久歯の歯ならびなどに影響します。

乳歯の虫歯は永久歯の歯並びを悪くします。
また、かみ合わせが悪くなる(不正咬合)原因にもなります。

このように、乳歯と永久歯は密接な関わりがあります。
乳歯の虫歯を放っておくと、永久歯に悪い影響が出てこの先ずっと歯のことで苦しむことになりかねませんので早めの治療を心がけて下さい。

小児歯科治療方針

虫歯のないお子さん

自分で歯磨きが出来るかの有無
出来ないフッ素塗布します。
できる磨き残し確認・歯磨き練習、フッ素塗布します。

虫歯になりかけの歯があるお子さん(奥歯の乳歯・永久歯)

歯の溝に、虫歯にならないように、お薬を流して固めます。

虫歯があるお子さん

治療経験の有無
ない場合とれる範囲で、機械を使わずに、虫歯をとって、詰め物します。
機械を使う練習も、できる範囲で少しずつ行います。
ある場合機械をお口の中で使う練習をして、できそうなら、機械で虫歯をとって、詰め物をします。
※痛みを伴うよほど深い虫歯でない限り、麻酔は行いません。

乳歯が抜けそうで抜けないお子さん

後続永久の状態
見えないレントゲンで永久歯の位置を確認し、自分で少しずつ動かして抜くよう、練習します。
見える早めの抜歯をおすすめします。

歯をぶつけて歯が動くようになってしまったお子さん

乳歯そのまま様子をみます。動くのが気になる時は抜歯します。
永久歯となりの歯とワイヤで固定します。

6才臼歯について

6才臼歯について
永久歯の第1大臼歯のことを一般的に6才臼歯といいます。
6才臼歯は永久歯の中で最も早く生えてくる歯です。一般的に6才頃に生えてくるのでこのように呼ばれています。

6才臼歯は上と下の歯の噛み合わせを決定するため、正しい場所に生えてこないと、次に生えてくる歯の歯並び、顔の形、噛み合わせに悪い影響を及ぼします。

また、乳歯の1番奥のさらに奥に生えてくるため、歯ブラシが届きづらく、虫歯になりやすい個所でもあります。

生え始めの時期はエナメル質も柔らかく、酸にとても弱い状態なので注意が必要です。

子供のための虫歯予防

シーラント

シーラント
奥歯の噛む面には溝があり、虫歯が出来やすいところです。
ここにシールをして虫歯を予防する方法があります。

これがシーラントです。
シーラントは歯を削ることがないので痛みはありません。

ただし、このシールが剥がれることもありますので、定期的に検診をする必要があります。

シーラントを行ったからといって、必ずしも虫歯が出来なくなるというものではありません。
また、これらの処置は初期の虫歯の治療法としても行います。

フッ素塗布

フッ素塗布
フッ素は虫歯に強い歯をつくる性質を持っています。このフッ素を定期的に歯に塗ることで歯質を強化します。

歯に直接フッ素を塗るので、市販の歯磨剤よりも効率的に取り込むことが出来ます。
  1. 歯をきれいに磨いた後、エアーを吹き付けて歯の表面を乾燥させます。
  2. 脱脂綿などにフッ素入りの薬剤をしみこませ、歯に塗ります。
  3. フッ素を歯に塗った後は30分ほどうがいや飲食をさけます。
  4. 2週間後、再度上記の1~3の処置を行います。※当院ではより効果を高めるために2回を1セットとしてフッ素塗布を行っております。
治療内容料金(税別)
フッ素塗布 2回
1,000円


PMTC
TBI ブラッシング指導

妊婦さんの歯科治療

妊婦さんの歯科治療
妊娠5ヶ月~8ヶ月(妊娠中期)は、安定期でほとんどの全ての歯科治療は可能です。

歯科で使う局所麻酔も全く問題ありません。

歯科で行うレントゲン撮影も全く問題ありません。
1枚撮影の被曝量:約0.02mSv ※ミリシーベルト
<胎児に影響を及ぼす被曝量:50mSv>

歯科で行う抜歯などの、術後に疼痛が予想される外科手術は、当院では行っていません。
手術で利用する鎮痛剤には妊婦さんへの安全性が確立されていない効果の強いものも含まれる為です。

妊婦さんで、特徴的に認められるものとして「妊娠性歯肉炎」があります。
女性ホルモンが関係しているといわれ、ブラッシング時の出血が起こりやすく歯肉の肥厚を認めることもあります。
但し、妊娠されている全ての女性に認められるものではありません。

学校歯科検診

「学校歯科検診のチェック項目」

「学校歯科検診のチェック項目」
☑ 歯
☑ 歯茎
☑ お口の中の粘膜
☑ 歯並び
☑ 噛み合わせ
☑ 顎関節

学校歯科検診では以上の項目をチェックします。

「検査結果の記号の意味」

CO虫歯になりかけている
C虫歯になっている
GO歯肉炎になりかけている
G歯肉炎になっている
治療完了の歯
永久歯で既に失っている歯
×要注意の乳歯
歯垢磨き残しがある
歯並び歯科に行きましょう
顎関節顎の関節に異常
過剰歯普通より歯が多い
先天性欠損普通より歯が少ない
癒合歯2本の歯がくっつき1本になっている
エナメル質形成不全エナメル質が少ないため虫歯になりやすい
粘膜異常できものができてる
小帯異常小帯の形が変形している
いずれも歯科医院で改めて診断してもらいましょう。

結果が虫歯なしでも

結果が虫歯なしでも
検査結果に問題がないと安心してしまいがちです。
せっかくきれいなお口なので今後もメンテナンスをしっかりしていい状態をキープしましょう。

当院では衛生士による専門的なクリーニングを行っております。

治療に関するお問合せはこちら