WEB診療予約

豊富な経験を活かしご希望に沿った治療を行います

シニア世代の方へ

SENIOR

楽しく人生100年時代を過ごすために・・・

楽しく人生100年時代を過ごすために・・・
日本の現状として60代のシニア世代の皆さんのお口の中の状態が、上昇傾向になっていて歯の残っている本数が多くなっております。

ただし歯が残っている分、歯周病になる可能性も高くなってきます。
せっかく残っている歯を残すためにも日々のケアが重要です。

~当院はシニア世代の方々へお口の健康を付与したい~

この想いを持ち診療に当たっています。
ご来院いただいた際にお口の中の状態をチェックさせていただき、歯周病等により歯を無くすことが無いようにメンテナンスを行っていきます。

また、患者さんそれぞれの状態を把握した上でご自宅でのセルフケアのご提案をしています。

いつまでもご自身の歯でいられるようお手伝いしてまいります。

<歯の状況(20本以上の歯が残っている人の割合>

<歯の状況(20本以上の歯が残っている人の割合>
8020達成者(80歳で20本以上の歯が残っている人の割合)は51.2%であり、平成23年の調査結果40.2%から増加している(8020達成者は、75歳以上85歳未満の数値から推計)。
<歯の状況(20本以上の歯が残っている人の割合>
※厚労省のホームページから引用しています。

歯が無くなってしまったら・・・

歯が無くなってしまったら・・・
歯がない場所へ歯を入れる方法には、大きく分けて3つの方法があります。
  • 入れ歯を入れる
  • ブリッジを入れる
  • インプラントを入れる
入れ歯とブリッジは保険治療でも可能ですが、インプラントは保険外の治療になります。

ブリッジによる治療

ブリッジ

ブリッジは、歯を入れた後も違和感がほとんどないのが最大の長所ですが、両脇の歯を(虫歯でなくても)削らなければなりません。
また、ない歯が多数に及ぶ時は、適用にならないことも多いです。

インプラント治療

インプラント治療
インプラントとは、歯を虫歯や歯周病、外傷などで失った場合に、義歯が簡単には外れてこないように、骨に直接維持を求めた人工の歯(人工歯根)のことを言います。

入れ歯

入れ歯
歯を失った方が入れ歯の治療を行うことで、噛み合わせがよくなり、しっかりと咀嚼をできるようになった結果、口の運動につながり、おしゃべりもできて生活に活気が出るなど、日常の生活に密接に結びつき、その生活の質を大きく左右します。

治療に関するお問合せはこちら