WEB診療予約

豊富な経験を活かしご希望に沿った治療を行います

セラミック治療

CERAMIC

セラミック治療とは

セラミック製の人工歯や詰め物を用いた治療で、銀歯や銀の詰め物、小規模の不正咬合や色素沈着など、審美的な問題を解決したい場合に用います。とても白く美しい歯にすることができます。

セラミックインレー

セラミックインレー
セラミックインレーとは、セラミック(陶器)の詰め物のことです。
金属の詰め物が気になる方におすすめです。

ご自身の歯と同じ色で作製されるため、歯の自然な美しさに仕上がります。

治療費はやや高くなりますが、詰めた部分の仕上がりが美しく、変色がないので、自然な仕上がりになります。

セラミッククラウン

セラミッククラウン
セラミック(陶器)のみで作られた歯のかぶせものです。

金属を全く使用していないので、金属アレルギーの方も安心して装着頂けます。

色調や透明感に優れているので、きわめて自然の歯に近いものを再現することができます。

そのため、前歯など目立つ部分の歯の治療にも適しています。
歯の色、形、歯並びなどの美しさをトータルに修復、改善できます。

審美歯科に使われる主な素材

e-MAX

e-MAX
e.maxとは、審美性と耐久性を兼ね備えた最先端のセラミックです。
高い生体親和性で、アレルギーの心配も無く、審美性でも、 天然歯のような最適な色、半透明性や明度を兼ね備えています。
e.maxサイトはこちら【外部へリンクします】

審美歯科に使われる主な素材

ジルコニア

ジルコニア
ジルコニアは、金属やプラスチックを一切含まないセラミック素材です。

透明でダイヤモンドに近い高い屈折率を有することから模造ダイヤモンドとも呼ばれています。

セラミックのなかでも一番強度があり、優れた審美性・耐久性を誇ります。

また、ジルコニアは硬度があるため、物を噛みしめても欠ける可能性がかなり小さく、奥歯のように力がかかる部分には最適です。

ハイブリットセラミック

ハイブリットセラミック
セラミックは透明感のある歯によく似た質感の素材ですが、割れやすいため、歯ぎしりがある患者さんには使えないという特徴がありました。

ハイブリッドセラミックは、セラミックにプラスチックを混ぜることで、硬さとやわらかさを併せ持ち、きれいな見た目はそのままになりました。

ハイブリッドセラミックは金属を一切使用しないために、金属アレルギーの患者さんにも安心して使うことができます。

ただ、長年使っていると少しずつ変色していくことがあり、全く変色しないセラミックと同様と考えることはできません。

上手く使うことで、手頃な価格できれいな白い歯を作ることができます。

保険で白い歯が!

保険で白い歯が!
今までは保険で被せ物をするには銀歯にしか選択肢がありませんでしたが、今では保険で白い歯を入れることが可能になりました。

ただし被せる歯の位置により適応外になる場合もあります。

保険適用の条件

保険適用の条件
小臼歯(上下4番・5番)第一大臼歯(下顎6番)が対象です。
第一大臼歯(下顎6番)の適応には条件があります。
  • 第二大臼歯(7番)が4本とも残っていること。
  • 左右の咬合支持があること。
  • 適度な咬合圧が加わらないこと。
詳しくは医院にてお尋ねください。

治療に関するお問合せはこちら