WEB診療予約

豊富な経験を活かしご希望に沿った治療を行います

口腔外科

Oral Surgery

口腔外科とは

口腔外科とは
口腔外科とは、口の中の外科的な治療を行う科です。
代表的な治療は、顎骨のなかに埋まっている親知らずの抜歯や口の中のできものの切除などがあります。

その他、顎骨炎、口内炎、神経痛、癌など、顎や口腔内に起こる病気の診査・診断をし治療します。

また、インプラント治療も、口腔外科治療になりますので、インプラントの埋入からメインテナンスに関しましても、安心して治療していただけます。

主な治療内容

[1] 炎症

親知らずの周囲の感染、虫歯による根の先の化膿による急性化、等により、頬が腫れて顔が非対称になるようなやや重い炎症を扱います。

抗生剤により、炎症を鎮めた後、原因歯の治療を行います(抜歯、根の治療等)。
炎症の状態はおおまかに下記に分類されます。

頬の腫脹発熱開口障害治療
軽度
なし
なし
なし
抗生剤内服
中等度
限局的に膨らむ 
あり37℃台
出ることが多い
抗生剤内服または点滴
重度
末広がりの膨らみ
あり38℃台
著明
入院による消炎

[2] のう胞

簡単に言えば、「膿の袋」です。
進行した虫歯が原因で根の先(の骨の中)にできるのが、最も一般的です。
上記の「①炎症」の原因となり、腫れてきたりして来院されることが多いですが、自覚症状がないままのこともあります。

レントゲンで境界明瞭な円形の透過像を認めます。
治療は、歯肉を切って病変を摘出します(大きいのう胞の場合は開窓にします)。

歯の状態によっては原因歯を抜歯することがあります。
大きい(顎の骨の中で広がっている)ときは、入院による治療が必要になります。

[3] 顎関節症

口を開けると、痛い、または雑音が鳴る、等の症状です。
口を開けたり閉めたりするとき以外は痛みがないのが特徴です。

大きく、筋肉由来と関節およびその周囲組織由来と骨の形(進行例)に分けられます。
治療は、保存的治療(手術をしない治療)が、ほとんどで、スプリントというマウスピースを作成します。
痛みに比べ、雑音は改善しにくい傾向があります。

[4] 外傷

転倒や衝突(または殴打など)による、歯の破折、脱臼により歯が動く、歯茎の周りから出血することで、来院されます。

各症状ごとの治療法

1.歯が欠けている
  • 歯の先だけ折れているとき…詰め物の(または冠を被せる)治療をします。
  • 歯の真ん中で折れているとき…神経を抜いて、冠を被せる治療をします。
  • 根っこが折れているとき…神経を抜いて冠を被せる(または歯を抜く)治療を行います。
2.歯が動く
歯が抜けかかっている、もしくは歯を支える骨ごと折れている場合に分かれますが、いずれも動いていない歯とボンドでつなげて、固定する治療を行います。
根っこが折れているとき→歯の破折

3.歯が抜け落ちた

歯が衝撃で取れてしまったときは、できるだけ早く抜けたところに、戻して、固定する治療を行います。
歯が生着するかどうかは、抜けたときの状況(場所、治療までの時間)で異なります。

※抜けた歯は、牛乳もしくは生理食塩水につけて持参してください。
顎の骨が折れているときは入院による治療(顎間固定または手術)が必要となります。

[5] 粘膜疾患

形態、症状により診断、治療を行います。(よく見られるもの)
表面白色平坦、境界明瞭、接触痛強い→口内炎
治療内容:塗薬

表面粘膜色、やや膨隆、接触痛なし→粘膜のう胞
治療内容:摘出

表面白斑状、接触痛少しあり、治りにくいが形状不変→扁平苔癬
治療内容:清掃指導、金属アレルギー検査。

治りにくいもの、形が変わるものは、粘膜を切り取って顕微鏡検査を行います。

[6] 睡眠時無呼吸症候群

「いびき」を伴う不眠による、頭痛、倦怠、集中力減退、等が主な症状です。
睡眠時のモニタリングにより、重症度を診断します。
軽度の場合、内科の先生と相談の上(睡眠中、下顎を前に出す)、スリープスプリントを作製します。

[7] インプラント治療

歯のないところの顎の骨に人工の歯根を植立します。
→詳しくはインプラントページをご覧ください。

治りにくいもの、形が変わるものは、粘膜を切り取って顕微鏡検査を行います。
以上が、外来で行う主な疾患です。

【8】その他口腔外科で扱う症状

  • 顎変形症(矯正科医により診断)
  • 悪性を含む、粘膜または顎骨にできる腫瘍
  • 唇顎口蓋裂(妊娠中または、出生時に認められる)
上記の症状の患者さんは主に総合病院歯科口腔外科にて、入院の上、手術による治療を行います。
親知らずの抜歯、顎関節症について

親知らずの抜歯について

親知らずの抜歯は、患者さん各々の親知らずの状態によって、難易度はさまざまです。
親知らずの抜歯というと、「腫れる」「痛い」という、印象が強くありますが、術前のレントゲン等での診断、シミュレーションが適切であれば、意外と簡単に抜けて、術後の「腫れ」「痛み」を抑えることもできます。

親知らずの抜歯は必要?

親知らずの抜歯は必要?
親知らずの生え方によっては歯磨きをきちんとすることができない状態になっている場合が多く、そのような場合には将来的に虫歯や歯周病になってしまう可能性が非常に高くなります。

しかも、その場合には大事な手前の正常な歯も巻き込んでしまう可能性があるので、その前に抜歯します。

親知らずが骨の中に完全に埋まっている場合でも、腫瘍やのう胞の原因となってしまったり、親知らずが生えてくることによって歯並びが悪くなってしまうこともあります。

親知らずがちょっと出ている場合

親知らずがちょっと出ている場合
歯みがきが届きにくく親知らずや 隣の歯が虫歯になりやすくなります。
また、化膿すると痛みや口臭の原因にもなります。

親知らずが歯茎の中に埋没してる場合

親知らずが歯ぐきの中に埋没している場合
歯茎の中に埋まっている親知らずは、隣の歯を押して痛みを出したり、炎症を起こしたりする事もあり処置が必要な時もあります。

親知らずの抜歯の難易度を左右する要素

① 位置

歯がどれくらい深い位置にあるか。
歯が骨に深く埋まっているものほど、骨を削る量が増え、術野や視野も狭くなるため、難しくなります。

位置

② 根の形

根が単一で、漏斗状(逆三角形)のものなどは比較的容易ですが、根の形が膨らんでいるもの、根の先が曲がっているもの、レントゲン上で根の形がはっきりしないもの等、は難しくなります。

根の形

③ 神経と根の位置

下の親知らずを抜歯する上で、最も問題になるのが、歯と神経の関係です。
下顎の骨の中には、下歯槽神経という奥歯の知覚と、下唇の知覚を支配する神経が通っています。

神経というのは、細い神経繊維が束になっております。
下歯槽神経と、親知らずの根の先が接触していると、抜歯の際に、神経を刺激することにより、一部の神経繊維に傷がつく影響で、下唇に(ほとんど一時的)触った感触が鈍いという症状(知覚鈍麻)が現れることがあります。

よって、抜歯の操作も慎重になって時間がかかるようになります。
また知覚鈍麻という副作用が出る可能性があるということで、この場合が最も難しい抜歯といえると思います。

 (神経に接触している範囲が広いときは、多くは総合病院歯科口腔外科で、入院の上、抜歯が行われます。) 

神経と根の位置

④ 年齢・炎症の頻度

年齢を重ねるほど、また炎症を何回も繰り返すほど、親知らず周囲の骨が硬くなり、抜歯が困難になります。
レントゲン上でも骨の透過性のない硬化像として認められます。

顎関節症について

顎関節症とは

顎関節症とは
口を開けた時や閉めた時に「カクッン」「ギリギリ」などと音がすることはありませんか? その他、口が開けづらかったり、あごが痛くなったりなど、これらの症状は顎関節症(がくかんせつしょう)の可能性があります。

顎関節症は異常な噛み合わせが、顎の間接に障害を起こします。
最近では、小中学生など低年齢化する傾向にあり、現代病のようになっています。

顎関節症の主な症状

  • 大きく口を開けると「カックン」という音がする
  • 大きく口を開けると関節が痛い
  • 朝起きると口が開かなくなったりする
  • あごが戻らなくなる
  • 口の開閉がスムーズにいかない

顎関節症の主な症状

  1. 歯ぎしりや食いしばり等、顎の関節に負担をかけるクセがある。
  2. ストレス等で朝起きると歯を食いしばってしまっている。
  3. 片方の歯でばかり嚙むクセがついている。
  4. 姿勢が悪く猫背やうつ伏せで寝るクセがある。
  5. 歯並びが悪く噛み合わせが悪くなっている。
  6. 事故などで強い衝撃を受けた事がある。

治療に関するお問合せはこちら