豊富な経験を活かしご希望に沿った治療を行います

インプラント治療

IMPLANT

インプラントとは

インプラントとは
インプラントとは、歯を虫歯や歯周病、外傷などで失った場合に、義歯が簡単には外れてこないように、骨に直接維持を求めた人工の歯(人工歯根)のことを言います。

従来は歯を失った場合にはブリッジといって、なくなった歯の両隣の歯を削ってない部分の歯を作ったり、取り外しの義歯(入れ歯)を作っていました。

ところが、ブリッジについては失った歯を作る為に両隣の歯を削ることにより、削った歯の寿命が短くなったりすることがあります。

また、取り外しの入れ歯は、堅い物を咬むと痛みがあったり、咬む度に入れ歯が動いたりして、必ずしも快適な使用感が得られる訳ではありません。

インプラントの構造

サンプル画像
フィクスチャー(人工歯根)
顎の骨に直接埋め込みます。
術後はインプラントと骨が強力に結合しますので、とれる心配はありません。

アバットメント
インプラントと上部構造を接続するパーツになります。
かみ合わせの状態によって、角度を微調整します。

クラウン(人工の歯)
おもにセラミック素材のものを使用し、ほぼ自分の歯と同じぐらい自然に仕上げることができます。

インプラント治療イメージ

術前(歯を1本失った場合)

術前(歯を1本失った場合)

術後(インプラント1本埋入)

術後(インプラント1本埋入)
健康な歯を削ることなく、天然の歯と区別がつかない歯並びを再現できます。

術前(歯を複数本失った場合)

術前(歯を複数本失った場合)

術後(インプラント3本埋入)

術後(インプラント3本埋入)
止め具などを使わないため、口の中に違和感を感じません。しっかり固定されているので、かたいものを食べても安心です。

Nobel Clinician

ノーベルクリニシャン
当院では、安全、確実なインプラント埋入を行うために、NobelClinicianによる、3Dでのシミュレーション画像を提示した上で手術を行なっております。

インプラント治療の流れ

STEP1 診察と治療計画

STEP1 診察と治療計画
インプラント治療に必要な診断を行いインプラント治療が可能かどうかを診断してもらいます。
その後治療計画を立てます。

STEP2 フィクスチャー埋入の手術

STEP2 フィクスチャー埋入の手術
人工歯根のフィクスチャーを顎の骨に埋入する手術を行います。
局所麻酔を用いて行いますので、安心して手術を受けることができます。

STEP3 治癒期間

治癒期間
その後、骨とインプラントがしっかり結合するまでの治癒期間(3ヶ月~6ヶ月)を設けます。

※治癒期間は骨の質などにより個人差があります。
※この間、必要に応じて仮の歯を入れる場合があります。

STEP4 アバットメントの連結

STEP4 アバットメントの連結
人工の歯の支台となるインプラントの部分(アバットメント)をフィクスチャーに連結します。
※この時、簡単な手術を行う場合があります。

STEP5 人工歯の装着

STEP5 人工歯の装着
インプラントを含めたお口の中全体の印象採取(歯の型をとること)を行います。
その後、アバットメントの上に人工歯を装着して完成です。

STEP6 メンテナンス

STEP6 メンテナンス
インプラント治療終了後、インプラントを長持ちさせるためには、適切なホームケアと定期的な検診が不可欠です。
先生の指導に従い正しい歯磨きを心掛けてください。

また半年後に一度、定期検診を受けインプラントの状態を先生に見てもらうようにして下さい。

インプラント料金

治療内容料金(税別)
インプラント
300,000円
骨移植
50,000円

インプラントのよくある質問

インプラントの治療期間はどれくらいですか?

年齢や口腔内の状態によって異なりますが、約3ヶ月~6ヶ月程度です。

インプラントはどのくらい持ちますか?

その人の健康状態(口腔内の清潔度合い、骨の状態)により異なりますが大変長く持つ方もいらっしゃいます。

治療が受けられる年齢は何歳くらいですか?

骨の成長が止まる16歳から75歳ぐらいまでですが、健康状態によってはそれ以上も可能です。

人体への影響は?

インプラント材は生体適合性の高いチタン合金を使用しています。また、強度が高いので骨内で腐食することはありません。

インプラント治療は痛いですか?

的確な麻酔をしますので痛みはありません。

費用はどれくらいかかりますか?

健康保険は適用されません。治療方法によって手術費や材料費が異なりますので、詳しくは当医院の歯科医師にご相談ください。

治療に関するお問合せはこちら